脱毛中の肌ケアとは


脱毛初心者が見落としがちなのが、脱毛中の肌ケア

脱毛をスタートすると、完了まで早くて数カ月から1年と、どうしても年数がかかります。

その間、何もせずに過ごしていると、肌荒れを起こしてしまいます。

肌トラブルを避けるために、脱も中の肌ケアを徹底しましょう!

自己処理回数を増やさない

脱毛中は、施術が終わって2週間すると、じょじょに毛が生えてきます。

伸びてきた毛が気になって、自己処理をしたくなる衝動にかられますが、ここは一度我慢しましょう。

脱毛中に自己処理を増やさないことで、色素沈着や肌荒れを防げるため、

脱毛完了後に毛穴が小さくなりやすく、キメ細かい肌を手にすることができます。

肌トラブルが発生しても患部を触りすぎない

肌トラブルが起こったとき、外部から刺激が加わることで、殺菌が入りこみ炎症がひどくなる場合も。

施術後は、とくに乾燥肌の人が肌トラブルになりやすい傾向に。

毛嚢炎や埋没毛になっても、いじらず清潔な肌に保つよう心がけて

炎症がひどくなるようなら、病院へ診察しにいきましょう。

保湿を怠らない

脱毛後に脱毛サロンで、保湿をしてくれるところも多いですが、自宅でも保湿をこころがけましょう。

脱毛期間中はとくに肌保湿が重要に。

潤ったお肌には、照射熱が効率よく毛根まで届き、脱毛効果をさらにアップさせてくれます。

逆に乾燥したお肌は、施術中の痛みが増すだけでなく、照射熱も上手く届かず、ダブルで残念な結果になってしまいます。

お風呂上がり5分以内に、肌保湿をするよう習慣づけることで美肌へと近づきます

〈まとめ〉

普段から基礎化粧品を使い、肌ケアを行っている女性は多いはず。

脱毛期間中はとくに、肌ケアが脱毛効果も左右してきます。

洗顔した顔だけのケアだけでなく、体へボディクリームや保湿クリームを塗ることも心がけて(*^_^*)