脱毛前の自己処理について


脱毛初心者は、カミソリで行う自己処理が9割と高い確率です。

ほかには毛抜きや除毛剤、ワックス脱毛とありますが、

カミソリの方が手軽で金額てきにも安く手に入ることから、好まれているようです。

多くの女性が経験していることですが、毎回の自己処理が成功するとは限らず、

カミソリの刃が肌にあたり出血や、自己処理をやりすぎて毛穴が色素沈着を起こし、

黒ずみが目立つ肌になってしまうことも。

カミソリで行う摩擦は、皮膚負担がかかり、毛質が変わる「硬毛化」や

外部からの刺激による「毛嚢炎」がおこるリスクが高まります。

ここで正しい自己処理についてまとめてみました(*^_^*)

用意するアイテム

・ハサミ
・新聞紙
・電気シェーバー(なければカミソリ)
・シェービング剤
・肌の保湿化粧品

〈はじめに〉

毛の長さがあるワキやVIOの自己処理は、新聞紙を広げ、はさみでカットしましょう。

 

〈いよいよスタート〉

自己処理する場所を温めましょう。

 

・脱毛箇所を温めよう

肌をあたためることで、肌表面がやわらかくなり、摩擦による肌トラブルを防ぐことができます。

お風呂上がりにしてもいいですが、できるだけ浴室でないほうが好ましいです。

理由は浴室には湿気があるため、仮に自己処理によって肌が傷ついてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなるから。

 

・脱毛箇所にシェービングを塗る

脱毛箇所にシェービングを塗り、電気シェーバーとの摩擦をより少なくしましょう。

すべりがよくなることで、仕上がりも満足できる触り心地になります。

 

・毛の流れにそって電気シェーバーを使いましょう

毛の流れに逆らって、自己処理したほうが、仕上がりは満足できますが、

肌を傷つけてしまう恐れもあるため、毛の流れに剃って電気シェーバーを滑らせていきましょう。

 

・最後に保湿を忘れずに

自己処理後の肌は乾燥状態です。

最後にしっかり保湿をすることで、肌トラブルを防ぎ、脱毛効果も高めることができます(*^_^*)